ライフデザインセミナー

~自分らしい、充実した人生のヒントになることを願って~

横長バナー_ライフデザイン追加.jpg

ライフデザインとは?

自分にあった人生をデザインすること。

ライフデザインセミナーの目的

就職・結婚・出産・子育てなどのライフイベントやゲストの人生の歩み(多様なモデル)に触れることで、自己の価値観を見つめ直し、自分らしいライフデザインについて考える機会を提供するものです。近畿大学経営学部で開催したライフデザインセミナーを本ページの動画でご覧いただき、実際に自分らしいライフデザインを描いてみましょう。



<ライフデザインセミナー>

①ライフデザインってなに? ~本ライフデザインセミナーの趣旨~

01はじめに.jpg

キャリア形成のほか、結婚や出産、子育てなどの人生設計に資するための情報等を提供することで、皆さんの将来設計の選択肢を広げていただくためのものです。

②結婚や子育てをイメージしたときに、不安や気になることは? ~学生ワーク~

02ワーク1.jpg

結婚や子育てなどのライフイベントをイメージしたときに、不安になることや気になることを書き出してみましょう。

③ゲストの人生を自分に置き換えてみよう! (起業家・40代女性)

03ゲストトーク1.jpg

ゲストの人生の歩み ~学生時代・副業・起業、子育て・再婚~ を交えて、ライフデザインのヒント「自分がはっぴーなのか?何をするかも大切だけど、誰と生きるかも大切。」などを紹介します。


④ゲストの人生を自分に置き換えてみよう! (会社員・30代男性)

04ゲストトーク2.jpg

ゲストの人生の歩み ~就活・転職、結婚・育休~ を交えて、ライフデザインのヒント「情報に踊らされず、自分の幸せの基準は自分で決める。自分の人生を決めるのは、自分しかない。」などを紹介します。

⑤ゲストの人生の歩みで気になったことなどを聞いてみよう!

05質疑応答.jpg

(主な質問内容) 仕事と子育ての大変さ。 子育てが仕事で活きた場面は? 起業って? 就活のポイント!など


⑥ゲストの方のお話で気付いたこと、感じたことは?

06ワーク2.jpg

ゲストの方のお話で「気づいたこと、感じたこと」を書き出してみましょう。

⑦今回の学びを自分のこととして落とし込んでみんなで話してみよう

07意見交換.jpg

書き出してもらった「気づいたことなど」をもとに、周りの人と意見交換をしてみましょう。 また、両親や身近な人方に「これまでの人生の歩み」など、多様な生き方を知ることで、気づきや自己の再発見に繋がり、自分のライフデザインを描くヒントになります。


⑧ライフデザインとは、自分がどう生きたいかを設計すること。 ~本セミナーのまとめ~

08まとめ.jpg

ライフデザインを考える目的は、これからの人生を長期的視点でとらえ、受け身ではなく、主体的・ 自律的な選択をするためのヒントを見つけるためのものです。 職業だけでなく、家族や社会的活動における多様な役割を含めて、自分がどう生きたいかを設計するものです。

⑨これからに向けて ~担当教授からのコメント~

09おわりに.jpg

長期的視点でライフデザインをイメージして、人生のビジョン・方向性を考えることが大切です。「人生の4つの役割(L・サニー・ハンセンの理論)」"仕事(Labor) "や"学習(Learning) "は意識されますが、"愛(Love) "や"余暇(Leisure) "は意識的に考えることが大切です。人生は失敗や後悔を抱えて生きていくもの。その時にどのように向き合うか、次に何をしていくかを考えましょう。

ライフデザインを考える前の準備体操 ~自分らしく。自分を大切に。自分のために。~

  • ライフデザインは、自分の幸せやなりたい自分を実現するためのもの。
  • そのためには、自分の価値観や夢(希望)を自覚することが大切。
  • 身近なことや小さな気づきが、第一歩。たとえば、自分への問いかけ・・
  • 「自分にとっても大切なものは?居心地のいいことは?したくないこと?好きなこと?嫌いなこと?こんな生活がしたい?どんな人と一緒にいたい?」など
  • 生活の変化や人生の岐路に立った時など、必要に応じてライフデザインを描き直すこと。
  • 人生100年時代を迎えて、いつでも、何歳でも、どんな状況にあっても、なりたい自分を見つけて、新たな未来を創造していく。


ライフデザインを考える際に是非使っていただきたいワークシートを下記リンク先でご紹介いたします。

【ライフデザイン】ワークシートのご紹介

セミナー動画 ダイジェスト版